2018年06月16日

和室もお任せください!!


1250x 35358395 1952675524784186 2061749752810176512 n

 

今回のご依頼は、日本の伝統構法がぎゅっ‼️と詰まった、和室です
和室や、茶室などの壁の下部に和紙が張られている「腰張り」、

壁や衣服の汚れや、痛みを防ぐだけでなく、

和室空間の意匠性として役割もあります(*^_^*)

経年変化により、剥げてきた腰張りの張替、

まずは、やさしく霧吹きで和紙をぬらし、

優しくめくっていく作業からスタートします。

そして、和紙の張替は、糊選びから違います!!

粒子が大きい、でんぷんを煮た糊は

紙の表面まで浸透することなく、

風合いを生かして張ることが出来、

塩類の発生もなく、和紙の変色を起こさない。

その糊を丁寧に、1枚刷毛で塗って、

1枚ずつ、高さ重ね合わせを均一にし、壁に張り、

絶妙な力加減の刷毛さばきで、優しく接着させていきます。

今回の腰張りから、日本人の、家や物に対する丁寧な扱いが、

物や人を大切に思う心に通ずるのだと感じました(#^.^#)

次回は、床張りをご紹介しますね♪